公共スペック・公共規格 Consulting & Support Company アラート、最新版管理、調査、翻訳、取寄せサービス
TOP > From Research Inquiries > MIL-STD-454とMIL-HDBK-454は何が違うのか。

From Research Inquiries

2007年07月08日

MIL-STD-454とMIL-HDBK-454は何が違うのか。

調査依頼
MIL-STD-454の要求とそれに変わるMIL-HDBK-454は内容的に同じものと思えるがどう違うのか。


調査回答 
MIL-HDBK-454とMIL-STD-454の唯一の違いはMIL-STD-454の随所で用いられる「shall」がMIL-HDBK-454では「should」に変更されたことである。MILスペック改革により、大量のSPEC/STDがHDBKに移行し、このHDBKを「Guidance Handbook」とした。またSPEC/STDがHDBKに移行することで文書表現がMandatory(強制)からGuidance(目安)になった。その結果、移行文書に使用される全ての「SHALL」は「SHOULD」に切り替わった。「SHALL」はMandatoryとして「するものとする」と訳され、また「SHOULD」はGuidanceとして「することができる」と訳すのが望ましい。

この記事のトラックバックURL

http://www.datacraft-news.com/bizmt/mt-tb.cgi/95