公共スペック・公共規格 Consulting & Support Company アラート、最新版管理、調査、翻訳、取寄せサービス
TOP > From Research Inquiries > WebFLISの知識⑥―国際共通語となったNSN 

From Research Inquiries

2008年12月22日

WebFLISの知識⑥―国際共通語となったNSN 

 今回はWebFLISを運用する上で、またFLISを理解するうえで役に立つNSNについて解説する。
 また、このNSNには必ずFSCやCAGEなどのユニークなコード体系が付随する。そこでこの2つのコードについても紹介する。


■誠に勝手ながら、ご要望が多いため記事内容詳細につきましては下記フォームからお問い合わせ下さい。
 また、ご不明な点や弊社WebFLISサポート・サービスなどについてお知りになりたい場合にも内容詳細を併記の上、ご連絡下さい。担当者よりメールにてご案内いたします。
 
 
 

件名
(複数選択可)
FLISについて
当記事について
WebFLISサポート・サービスについて
その他について
氏名※必須
氏名(ひらがな)※必須
会社名※必須
会社名(ひらがな)※必須
部署名
会社住所
会社電話番号
記入例(0335377531)
メール・アドレス※必須
(携帯電話は不可)
具体的な内容