公共スペック・公共規格 Consulting & Support Company アラート、最新版管理、調査、翻訳、取寄せサービス
TOP > From Research Inquiries > 【ニュース&コメンタリー⑧】 米国連邦カタログ制度とFLIS

From Research Inquiries

2008年06月22日

【ニュース&コメンタリー⑧】 米国連邦カタログ制度とFLIS

― わが国の輸入装備品のコスト削減に欠かせない米国ロジスティックス情報―米国防総省(DOD)では装備品の識別は購入から廃棄に至るまでその単一品目の全ての機能(購入、運用、保管、配備など)を用いることが法により定められる。これは1952年に施行された米国連邦政府によるカタログ制度の序文に掲げられている。1952年といえば日本では昭和27年である。当時日本は廃墟の中からようやく立ちあがりかけた年であった。サンフランシスコ条約が発効され、GHQが廃止されたのもこの年である。米国ではすでにこのようなコスト削減策の一環として装備品カタログ制度が始まった


■誠に勝手ながら、ご要望が多いため記事内容詳細につきましては下記フォームからお問い合わせ下さい。
 また、ご不明な点や弊社WebFLISサポート・サービスなどについてお知りになりたい場合にも内容詳細を併記の上、ご連絡下さい。担当者よりメールにてご案内いたします。
 
 
 

件名
(複数選択可)
FLISについて
当記事について
WebFLISサポート・サービスについて
その他について
氏名※必須
氏名(ひらがな)※必須
会社名※必須
会社名(ひらがな)※必須
部署名
会社住所
会社電話番号
記入例(0335377531)
メール・アドレス※必須
(携帯電話は不可)
具体的な内容