公共スペック・公共規格 Consulting & Support Company アラート、最新版管理、調査、翻訳、取寄せサービス
TOP > On Topics > 【SAEによる積層造形(AM)の規格化】

On Topics

2019年05月22日

【SAEによる積層造形(AM)の規格化】

4.%20AM%20Standards%20Brochure%EF%BC%88%E5%92%8C%E6%96%87%EF%BC%89_%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8_1%20%282%29.jpg


積層造形法(アディティブマニュファクチャリング)(AM)は、3次元(3D)印刷とも呼ばれ、航空宇宙および防衛産業における変革技術として浮上しました。 この業界標準は、世界的な航空宇宙規制要件への対応を支援するための材料認定システムを確立するために必要とされています。米規制当局は、規制および許容されるコンプライアンス手段をサポートするために業界標準への依存度を高めています。 2015年10月、米連邦航空局(FAA)は、SAEに対して「航空宇宙材料仕様、プロセス規格、航空宇宙推奨プラクティスおよびその他の関連規格の開発を支援する」というAM認証のためのガイダンス資料の作成タスクを要求しました。(なお写真はイメージです)


なぜそれが重要なのでしょうか

SAE航空宇宙材料仕様(AMS)は、材料特性データの完全性を保護し、サプライチェーン内でのトレーサビリティを提供することによって、航空機および宇宙船の重要部品の認証をサポートします。 航空宇宙部品の積層造形に関する業界のコンセンサス仕様は、部品認定から材料認定への移行を可能にします。 AMSの仕様で取り上げられている主な原則は次のとおりです。

• 最終製品の品質と一貫性を確保するための適切な要件と管理を確立する
• 一貫性のある材料の購入とAMプロセスの検証のために、統計的に導き出された仕様の最小値を提供する
• 一検証可能な血統を用いた公共材料特性データベースの有効化
• 一貫して繰り返し可能なAM部品製造の促進
AMプロセスで製造された構造部品をポイント設計から材料認定に移行するには、AMコンポーネントの製造に使用される材料とプロセスを文書化された管理下に置く必要があります。 SAEのAMS-AM委員会は、航空機の認証を管理する規制をサポートするために必要な一連の原料材料とAM処理仕様を開発しています。 規格開発の不可欠な部分は、原料の受け入れとAMプロセスの適格性の規格最小値を導き出すことです。

SAEの積層造形委員会

2015年7月に設立されたSAE AMS-AM、アディティブマニュファクチャリングは、前駆体材料、アディティブプロセス、システム要件およびポストビルド材料を含む積層造形のための航空宇宙材料およびプロセス仕様、前処理と後処理、非破壊検査、品質保証の開発および維持を担当する技術委員会です。

• 金属、プラスチック、セラミック、複合材料、および添加剤技術によって製造されたハイブリッドを含む添加剤前駆体および製造材料の調達のための航空宇宙材料仕様(AMS)の開発。
• AM材料からの航空宇宙最終製品の加工および製造に関する技術報告書の発行。
• 金属材料特性開発標準化ハンドブック(MMPDS)、複合材料ハンドブックとの連携による業界主催の材料仕様(CMH-17)の採用、積層造形に関するASTM F42委員会、AWSD20、Nadcap溶接タスクグループ、他のAMS委員会および関連組織。
• 材料仕様が管理され、文書化された手順によって分析された統計的に裏付けられたデータにトレーサブルであることを保証するためのシステムの確立。

標準化プロジェクト

SAE AMS-AM小委員会は、金属およびポリマー添加剤前駆体と製造材料の両方を調達するための材料仕様を開発しています。 安全性が重要な部品に対する十分な管理とトレーサビリティを備えたプロセス仕様も開発中です。ポリマー添加剤小委員会は、国際航空運送協会(IATA)のエンジニアリング&メンテナンスグループの依頼により設立されました。またSAEのAMS-AMデータ管理小委員会は、金属とポリマーの両方の仕様の最小値を生成するために必要な最小データ要件を記載したデータ提出ガイドラインを作成中です。

パートナーシップとコラボレーション

共有材料特性データベース - CMH-17とMMPDS
• 規制当局 - 民間航空、宇宙船、および防衛機関
• ASTM F42、AWS D20との連携
• America MakesとANSI付加製造標準化コラボレーティブ(AMSC)への参加

工業規格の開発支援に興味がありますか︖

SAE InternationalのAMS-AM委員会への参加は、航空機および宇宙船製造業者、エンジン製造業者、材料供給業者、機器供給業者、事業者、規制当局、Tier 1および2供給業者、サービスプロバイダおよび研究機関の個人に開かれています。参加にご興味がある方は、下記にて委員会参加希望をお寄せください。
http://sae.org/standardsdev/participationReq/.

■ご希望の方にSAEによる積層造形(AM)の規格化パンフレットを配布しておりますので、当ブログからお問い合わせ・お申し込みください。その他サービス内容の詳細につきましてもお問い合わせをお待ちしています。