公共スペック・公共規格 Consulting & Support Company アラート、最新版管理、調査、翻訳、取寄せサービス
TOP > On Topics > 米国防総省(DOD)、MILスペック・サイト情報に警告。

On Topics

2007年02月04日

米国防総省(DOD)、MILスペック・サイト情報に警告。

2005年度より米国防総省(DOD)は新しいMILスペック公式サイトを構築し、より強力な検索エンジンのもと、ユーザ・フレンドリな運用を開始した。またMILスペック・ユーザに対しては「保証された最新版はDOD公式サイトを運用しなければならない」旨の警告と、「今後はすべてのMILスペックにウォーターマーキング(透かし)を採用する」旨を通知した。これらは現在、複数の類似サイトやサービスが氾濫していることから異なった最新版が適用され、現実の調達契約におけるトラブルが続発していることを深く憂慮したものである。以下にその内容について紹介するので参考にしていただきたい。


MILスペック最新版適用に関する警告
ユーザがMILスペックを入手する場合、現在数多くのウェブ・サイトが存在する。これらは複写されたMILスペックが特定ユーザ向けに提供される民間や公共のサイトである。しかしながらこれらMILスペックは定期的に維持管理されていないためにダウンロードしたMILスペックは最新版ではないということを銘記
して欲しい。ユーザが旧版を望まない限り、保証された最新版はDODによる公式情報サイトによらなければならない。

Caution : DoD Specifications and Standards on some Web sites If you search the Web for military specifications and standards using one of the major search engines, you may find many websites with one or more specifications, standards, or other DSP documents. Often these are
industry or other DoD sites where copies of documents may have been posted to serve a specific group of users. Since not all Web pages are regularly maintained, please be aware that DSP documents downloaded from some sites may not be current. Unless you specifically want a historical document, you should consult an official index (such as the ASSIST applications
listed above), to ensure the document you've downloaded is current.


新MILスペック・サイト「assistdocs.com」についての紹介
assistdocs.com」(アシストドックス・コム)はもっともユーザ・フレンドリで登録不要なサイトである。従来からのクイックサーチのほかに、パワフルなフルテキスト・サーチが可能となっている。また、このサイトはASSISTサイトからは独立分離しているために、ASSISTが保守などでダウンしているときにでも運用可能となっている。

Assistdocs.com perhaps the most user-friendly site, requires no registrationand has lots of help in the Site Overview. Besides all of the search capabilitiesoffered by Quick Search, it also offers powerful full-text searches ofunrestricted DSP Documents. Since this site is hosted separately from otherASSIST applications, it is usually available even when other ASSIST sites aredown for maintenance


入手記録情報を記載したウォーターマーキング(透かし)の採用
2005年3月14日付けにてDODの公式サイトからダウンロードした全てのMILスペックは各ページの最下部にWatermark(透かし)を採用し、ユーザがいつダウンロードしたかを知らせることとした。このWatermarkはユーザが最新情報の閲覧/運用の有無を決定する際に有益となる時刻記録情報を提供するものである。またここに紹介するDODの「ソースURL情報」は保証されたMILスペック最新版を提供するものである。

Watermarking: All document image files downloaded from assistdocs.comwill now bear a watermark at the bottom of each page to let users knowfrom where -- and when -- the PDF file was downloaded. The watermark provides users with time stamp information useful in determining whether or not they are viewing/using the current version. It also provides the a sourceURL where users may check to see if a later version is available. 


解説
MILスペック改革が一段落した現在、DODは新たな課題に取り組んでいる。同改革がもたらした新しい概念や技術要求は米国内においてもMILスペック・ユーザに多大なストレスを与え、その結果個々の契約にさまざまな問題を引き起こしているからである。このことは決して我が国も例外ではない。

現在、我が国の特定防衛装備品等にとってMILスペックは産業の米とも言うべき必要不可欠な技術・取得情報であるが、個々のスペック改廃がDODの主導のもと、より迅速化且つ多様化した現在、その記述形式や技術要求あるいは認定品変更に対応することが非常に煩雑化している。

その結果弊社が行ったケース・スタディだけでも取引先との契約や納品トラブル、また海外取引先に振り回されるケースが後を絶たないのが現状である。こういったケースは氷山の一角だけに今後益々エスカレートしていくことが予測される。

弊社はいままで防衛省やプライムベンダ等からのMILスペックに関する多種多様な問題をDODのMILスペック標準化政策(Standardization Program)に照らし合わせて解決をし、多大な成果をあげてきた。今後益々要求の度合いを深めていくMILスペックに対して早期に且つ積極的に対応していく予定である。


【お願い】
当サイトの性質上、出来る限り日本語にしてお伝えしておりますが、適訳であるとは限りません。また、紙面の都合上全ての原文を引用できない場合があります。なお、当サイト情報は参照情報源としてだけ使用されるものであり、完全性や正確さを保証したり主張したりするものではありません。また当サイトに記載された内容を無断で引用または転載することは禁じられています。


この記事のトラックバックURL

http://www.datacraft-news.com/bizmt/mt-tb.cgi/40