公共スペック・公共規格 Consulting & Support Company アラート、最新版管理、調査、翻訳、取寄せサービス
TOP > On Topics >  【新登場】 AMS-STD-595A カラースタンダード 

On Topics

2017年07月01日

 【新登場】 AMS-STD-595A カラースタンダード 

amd_std_595.jpg


-FED-STD-595C廃止とSAE AMS-STD-595への置換ー

FED-STD-595C - カラースタンダードが廃止されSAE AMS-STD-595に置換されました。SAEからの情報によりますと、公開された米国政府ニュース(下記URL)は、ファンデッキやカラーチップセットでお馴染みの、FED-STD-595C(2008年1月16日付改訂)とその関連する全てのスラッシュシートは、キャンセルされ、2017年2月14日付けにてSAE AMS-STD-595(米国政府調達の使用色)に置き替えられました。( なお最新版はAMS-STD-595A) (DCメール 2017年7月1日 No.440)

https://www.gsa.gov/portal/content/142623


【新登場】SAE AMS-STD-595A カラー・スタンダード


米国政府( https://www.gsa.gov/portal/content/142623 )によりますと、ファンデッキやカラーチップセットでお馴染みの、FED-STD-595C(2008年1月16日付)とその関連するスラッシュシートは、すべてキャンセルされ、2017年2月14日付けにて新しく SAE AMS-STD-595(米国政府調達の使用色)に置き替えられました。

これらファンデッキ、カラーブック、カラーチップセットおよび個々のカラーチップの新しいSAE AMS-STD-595カラースタンダード製品は、今後、日本代理店データクラフト社から入手することができますので、下記までお問い合わせください。

■SAE AMS-STD-595日本代理店
データクラフト株式会社
156-0057 東京都世田谷区上北沢3-31-15
電話 03-3302-1121
電子メール all@data-craft.co.jp 
HP: https://www.data-craft.co.jp/sae/

SAE AMS-STD-595( 米国政府調達の使用色)は、米国防総省(DOD)が使用するために2017年2月14日に従来からのFED-STD-595Cに替わって採択されました。DODの活動によって提案されたこの置き換えは、DODの米防衛標準化プログラムオフィス(8725 John J. Kingman Road、Stop 5100、Fort Belvoir VA 22060)に提出されたものです。

なお、新しい色の追加を要望するためには、 SAEに色見本(受け入れ可能な基板上に塗装)送付ください。 SAEでは、塗料メーカーに、新しい塗料の色を読み取らせて、送られた見本と正確に一致する塗装色を作成させます。

SAEは、受諾の証拠を送付し、承認されると、その規格に色とCIELABデータを追加します。受け入れられた証明は適切に保存され、将来的に製品を作成するための規格として使用されます。

なお、ファンデック、カラーブック、チップセット、および個々のカラーチップを購入するには、弊社までお問い合わせください。詳しくはSAE AMS-STD-595メディア購入ページ(下記)をご参照ください。

http://www.sae.org/servlets/paintChips.do?method=load&contentType=RM&prodGrpCd=B60/


【お願い】本誌の性質上、出来る限り日本語にしてお伝えしているが、適訳であるとは限らない。また、紙面の都合上全ての原文を引用できない場合がある。なお、本誌は参照情報源としてだけ使されるものであり、完全性や正確さを保証したり主張したりするものではない。また本誌に記載された内容を無断で引用または転載することは禁じられている。