公共スペック・公共規格 Consulting & Support Company アラート、最新版管理、調査、翻訳、取寄せサービス
TOP > On Topics > 【ASSISTクイック・サーチ】

On Topics

2016年11月15日

【ASSISTクイック・サーチ】

QuickSearch.jpg

弊社MILスペック・サポートサービスのご紹介

ASSISTクイック・サーチ(http://quicksearch.dla.mil/)は、米国防総省(DOD)が公開するMILスペック最新版の無料公式サイトです。2005年に、弊社はDODがMILスペックの公式サイト「ASSIST」を強化した際、防衛省を始めとする、わが国の防衛産業界にその利用促進を図り、それまで有償であったMILスペックの無料配布を実現させました。しかしMILスペック・ユーザにとっては、便利になった分、他の面でいろいろ支障をきたしていることがわかりました。弊社はMILスペック・ユーザ向けに新たなサポート・サービスを展開することで、これらの支障を少しでも軽減させる努力を継続しています。今回は弊社が提するこれらのサポート・サービスについて改めて紹介いたします。(DCメール 2016年11月15日号 第435号)


ASSIST クイックサーチ・サポートサービス


2005年以降、弊社が展開するMILスペック・サポートサービスは以下の通りです。全てのサービスはASSISTから入手したMILスペックに付随し、また関連するサービスとして多くのユーザに利用されています。これらのサービスについては以下にご紹介しますが、料金など詳細につきましては弊社までお問い合わせください。

① 原文情報提供サービス
② アラート・サービス
③ 最新版管理サービス
④ 調査サービス
⑤ 翻訳サービス
⑥ 更新情報(比較)サービス


==========================================
①原文情報提供サービス
==========================================

ASSISTクイック・サーチは、新旧MILスペックを約10万件以上も公開しており、誰でも自由にダウンロードできます。しかし入手できない民間規格文や旧版がほしい、などユーザにとってはまだまだ十分ではありません。このような要望に応えるために、弊社では早く、安く、便利な「原文情報提供サービス」をおこなっています。なお、原文情報提供サービスは、「スポット・サービス」と受発注処理を割愛した「年間預託金サービス」があります。

■ 原文情報提供サービスの特長
① 速いこと      基本的に即日または翌日提供
② 安いこと      料金はメールにてお問い合わせください。
③ 便利なこと     提供原文は電子媒体(PDF)


==========================================
②アラート・サービス
==========================================

常時スペックの改訂をウォッチすることは大変なことです。適用スペックが古いことで、取引先から「技術レベル以前の問題である」と指摘されたユーザがあります。 弊社ではユーザから委託された1件からのスペックが改訂、廃止あるいは代替された場合、「警報」としてアラート・メールを配信します。 これにより、重要な公共スペックや規格の改廃情報は迅速に且つ自動的に入手可能となります。

■ アラート・サービスの特長
① 年間契約によるASSISTを情報源とした、タイムリー且つ信頼性
あるアラート・サービスです。 
② スペックの改廃通知をスペック・ユーザ向け電子メールで配信
③ ユーザから委託された1件からのスペック・アラートが可能


==========================================
③最新版管理サービス
==========================================

最新版公共スペックの維持管理は、ISO品質管理規準においても「最新化と共有化」が謳われていますが、最近では得意先からも要求され、直接取引にも影響するようになりました。そのうえユーザにとりましては、認定品が中止されたことを早めに知ったり、代替品の納期遅延を未然に防いだり、またスペック変更による諸問題を事前に掌握するなど、常にスペックの最新情報を入手し、維持管理しておくことが企業存続の必須条件となっております。そこで、弊社では最新版管理サービスとして、ユーザから委託された1件からのスペックを定期的に最新化するサービスを提供し大変好評を博しています。

■ 最新版管理表サービスの特長
① ASSISTによる公式情報と同じ記載方法を採用
② 更新頻度の選択可能な定期更新サービス(年間契約制)
③ 管理情報はMSエクセルなどスプレッド・シートにて提供
④ アラート・サービスとの併用や原文情報の自動入手と提供


==========================================
■④調査サービス
==========================================

おかげで生産ラインをストップしなくて済んだ。部品サプライヤに回答することができた。スペックに印刷ミスがあることがわかり早期に対応できた。これらは弊社への賛辞と感謝の言葉です。弊社では1999年以降ユーザが抱えているスペック内容に関する技術調査や公式見解をDODやSAE など海外規格団体からの公式文書や助言などを入手しその数は膨大にのぼります。これによりいかなるユーザも安心してスペックと取り組むことができるようになりました。

■主な調査内容
◇ 技術的な公式見解 ◇ 最新版調査 ◇ 改訂理由調査◇ 個別
内容に関する調査 ◇ ベンダ(認定業者)調査 ◇ 認定品調査
◇代替品やスペック調査 ◇ DOD担当者名・部署名調査 ◇ 用語
の解説など


==========================================
⑤翻訳サービス
==========================================

MIL スペック・ユーザは最新版MIL スペック等を常時「読みこなす」度合いが思いのほか少なく、また活用するタイミングも発行時期に比べて比較的遅いことが弊社のヒアリング調査で明らかです。DODの方針は今後益々スペックの改廃や開示のスピードを引き上げる努力をしており、このままでは格差が広がるばかりです。弊社ではかねてからこの問題に取り組んできておりその解決のひとつとしてMIL スペックやSAEなどのスピード翻訳に取り組んでおります。

==========================================
⑥ 更新情報(比較)サービス
==========================================

多くのユーザはMILスペックが改訂されるたびに、その違いに神経をとがらせるのです。MILスペックは平均20ページからなると言われますが、改訂されるということはポリシーも変化し、また細部にわたっての考え方も大きく異なることが見受けられます。そこで弊社では、改訂前と改定後のスペックを比較して、追加、削除、変更などの単語や文章を色分けして提供しています。これにより、ユーザは大幅なスピードアップと早期の改訂対策をおこなうことができるようになりました。

お願い】本誌の性質上、出来る限り日本語にしてお伝えしていますが、適訳であるとは限りません。また、紙面の都合上全ての原文を引用できない場合があります。なお、本誌は参照情報源としてだけ使用されるものであり、完全性や正確さを保証したり主張したりするものではありません。また本誌に記載された内容を無断で引用または転載することは禁じられています。