公共スペック・公共規格 Consulting & Support Company アラート、最新版管理、調査、翻訳、取寄せサービス
TOP > On Topics > 【NATOから見たEUと英国の離脱】

On Topics

2016年07月01日

【NATOから見たEUと英国の離脱】

NATO%20%26%20EU.png

ー 欧州安全保障にみる米国と欧州主要国の綱引き ― 

欧州全体の安全保障と防衛を司る北大西洋条約機構(NATO)はこの度の英国のEUからの離脱をどう受け止めているのか。またNATOは同じ欧州の共同体である欧州連合(EU)とは切っても切れない関係にある。NATOはEUがみずから創設した欧州連合軍を支援しながら、EU部隊(EUFOR)を筆頭に欧州の平和維持・人道支援活動にも力を入れている。今回の英国のEU離脱はNATOにとっても英国が米国に次ぐ主要国であるだけに、この7月に開かれるワルシャワ・サミットは重要な位置づけとなる模様である。 (DCメール 2016年7月1日 No.416)


■NATOから見るEUと英国の離脱


今週、NATO事務総長イェンス・ストルテンベルグは来週のワルシャワ・サミットに向けNATO本部でケリー米国務長官との会談で英国のEU離脱について意見交換をした。彼らは、NATO同盟国としての英国政府の不動のコミットメントを歓迎した。また彼らはEUが欧州における安全保障協力のための重要な柱であることに合意した。事務総長はNATOが欧州と北米間の協力だけでなく、欧州のNATO同盟国間の防衛・安全保障協力のためのプラットフォームとして一層重要になっていると述べた。 NATOとEU間の協力は、常に重要であったが、それは今、イギリスの決定後さらに重要となった。


この7月のワルシャワ・サミットでは、NATOの指導者たちは、同盟国の東地域に強化された軍事的プレゼンスを含む集団防衛と抑止力を強化するために重要な決定をする。また彼らは南と東地域においてパートナーと手に手をとって、NATOの国境を越えて安定性を予測するための努力をステップ
アップする。首脳はまた、次のレベルとして海上安全保障とハイブリッドな脅威に対抗するなどの分野でEUとの実用的な協力を行う予定である。

NATOから見たEUとの関係

北大西洋条約機構(NATO)と欧州連合(EU)は、戦略的利益を共有し、同じ課題に直面し、共通の関心の問題に協力し、危機管理、能力開発や政治協議に共同して作業している。 NATOにとってEUはユニークかつ不可欠なパートナーである。両組織は、構成員の過半数を共有し、共通の価値観を持っている。

NATOとEUの間で制度化された関係は国防事案におけるNATO-EUの協力において「より欧州責任を促進するために」1990年代に取られたステップを踏まえ、2001年に打ちたてられた。欧州安全保障防衛政策に関する2002年のNATO・EU宣言(ESDP)は関係の基礎となる政治的原則を設定し、EUは「EU独自の軍事作戦」のためにNATOが計画へのアクセスを保証することを再確認した。

このようにNATOとEUの間の緊密な協力は、軍と民間手段の両方の効果的な応用を必要とする危機管理や業務への国際的な包括的アプローチの開発において重要な要素なのである。

より戦略的なパートナーシップ

2010年、NATOによる戦略的なコンセプトは明らかにEUに対して積極的かつ効果的な欧州大西洋地域全体の安全保障に寄与することを述べている。 NATOとEU間の戦略的パートナーシップのために、これらの取り組みで彼らの最大限の関与は不可欠である。

NATOとEUは国際平和と安全のサポートにおいて補完し、相互に補強の役割を果たすべきことができる。連合軍は彼らの意志を通して、より有利な状況を策定し、彼らが貢献するために決定される。

2003年7月、EUとNATOは西バルカン諸国のための協調的アプローチを発表した。両機関は共同で起草し、それが協力の中核分野の概要を説明し、両機関が地域に安定性をもたらすことを共有し、共通のビジョンと決意を強調している。

以下は両機関が共に歩んできた包括的なプログラムである。

ボスニア・ヘルツェゴビナ

ボスニア・ヘルツェゴビナにおけるNATO主導の安定化部隊(SFOR)の終了後、EUは2004年12月2日運用アルテアと呼ばれる新しいミッションを展開した。EU部隊(EUFOR)は「ベルリン・プラスの下で行動する」を策定し、NATOの計画の専門知識および他の同盟国の資産や能力を描画した。 NATOの最高連合軍副司令はアルテア作戦の司令官だった。 EU作戦本部(OHQ)はSHAPE(ベルギー)に位置している。

コソボ

1999年、EUは長年コソボの国連ミッション(UNMIK)に民事資産を拠出し、国連ミッションの警察機構を引き継ぐことに合意したため、NATOはコソボに平和維持軍(KFOR)をリードしてきた。 2008年12月に配備したコソボにおける法的ミッション(EULEX)、欧州連合(EU)規則は、これまで共通な安全保障防衛政策(CSDP)の下で発足した最大の民間使命である。中心的な目標は、具体的には警察、司法や習慣の分野で、法律領域のルールでコソボ当局を支援し、サポートすることである。 EULEXは前線においてKFORと密接に連携していた。

アフガン

過去10年間、NATOとEUは、国家を支援するための包括的なアプローチを実装するための国際社会のより広範な取り組みの一環として、アフガニスタンに平和と安定をもたらす重要な役割を果たしてきた。 NATO主導の国際治安支援部隊(ISAF)がアフガニスタン政府だけでなく、他の国際的な活動組織は、民主主義制度を構築した法支配を拡張し、国を再建する可能性がある安定的かつ安全な環境を作成し援助した。 NATOとEUはまた、司法改革のためのプログラムを
開始し、EU加盟国が主導したNATOラン地方復興チームでの民間人のプロジェクトに資金を供給するために、2007年6月に法的ミッション(EUPOL)のCSDP規則の立ち上げを歓迎した。

協力は、2014年12月にISAFの任務の完了とアフガン軍と防衛・安全保障機関、訓練支援し、アドバイスする後続の、NATO主導のミッションの打ち上げが継続されている。 EUPOLミッションは2016年終了まで実行される。

海賊退治

2008年9月以降、NATOとEUの海軍力は海賊行為防止の任務のためにソマリア沖などで互いに(それぞれオーシャンシールドとEUNAVFORのアタランタ)が配備されている。

政治協議

NATOとEU間での議論の対象範囲は、特に欧州域内またはそのすぐ近く内のセキュリティ問題について、過去2年間で大幅に拡大してきた。ウクライナの危機以降、両組織は定期的に自らのメッセージとアクションがお互いを補完することを確実にするために、特にロシアに関しては、それぞれの意思決定について意見を交換した。協議はまた、西バルカン諸国、リビア、中東の動向を抱合していた。

機能

共同作業での能力開発はさらに成長の可能性がある場合の領域において協力が不可欠である。 NATO・EU間の能力グループは、NATOとEU能力開発の取り組みの一貫性と相互の補強を確実にするために2003年5月に設立された。

設立に続いて、2004年7月に、欧州防衛機関(EDA)の防衛力、兵器の協力、取得と研究の発展にEU内で作業を調整するために、EDAの専門家は能力グループの作業に貢献してきた。その他の問題の中でも、能力グループは、即時爆発装置や医療支援対策などの分野で共通の能力の不足に対処してきた。当グループはまた、スマート防衛上のNATOの任務とEUとの合同と共有のイニシアティブの間に透明性と相補性を確保する上で重要な役割を果たしてきた。

テロや大量破壊兵器拡散

NATOとEUの両方はテロや大量破壊(WMD)の兵器拡散に対抗することに同意した。彼らは、生物化学、放射線、核攻撃に対する一般市民の保護の分野での活動に関する情報交換を行ってきた。両組織はまた、この分野での対策の保有を交換することにより、市民の緊急計画の分野で協力している。

協力の新たな分野

NATOの2010年の戦略的構想は、新たなセキュリティ上の課題に対処する同盟の必要性を指摘した。これは、エネルギー安全保障上の問題やサイバー防衛を含むEUとの協力の新たな分野につながった。最近では、東と南地域における共有の課題に直面し、NATOとEUのスタッフは、両組織が防衛能力構築のパートナーを互いにサポートする、ハイブリッドの脅威との戦いなど、協力を強化する可能性があった、更なる特定の領域上で互いにコンサルティングし、海洋安全保障を増加している。そして、一緒に行動することで準備を向上させることができるとしている。

【出典】

http://www.nato.int/cps/en/natohq/news_132797.htm

http://www.nato.int/cps/en/natohq/topics_49217.htm?selectedLocale=en


【お願い】本誌の性質上、出来る限り日本語にしてお伝えしていますが、適訳であるとは限りません。また、紙面の都合上全ての原文を引用できない場合があります。なお、本誌は参照情報源としてだけ使用されるものであり、完全性や正確さを保証したり主張したりするものではありません。また本誌に記載された内容を無断で引用または転載することは禁じられています。