公共スペック・公共規格 Consulting & Support Company アラート、最新版管理、調査、翻訳、取寄せサービス
TOP > On Topics > 【知っておくと便利】

On Topics

2016年03月01日

【知っておくと便利】

FSG_FSC.jpg


-FSCからのMILスペック調査 ― 


MILスペックは3万件におよぶ。そこで現在知ってるMILスペックの同等、同類のスペックを探すのは大変である。またロータリスイッチのスペックを一網打尽にしたい場合にどうしたらいいのだろうか。

FSC(Federal Supply Classification)とは米国政府の補給分類コードのことである。これを知っておくと補給品や装備品に関わるMILスペックを調べたり同類のMILスペックを検索する時に大変便利でる。そこでここでは例題としてロータリースイッチに関するMILスペックを調べてみる。MILスペック番号が分からない場合、タイトル検索やキーワード検索を勧めるが、もうひとつに知っておくと大変便利なFSCによる検索事例を紹介する。(DCメール 2016年3月1日 No.408)


■FSCからのMILスペック調査

例えば MIL-DTL-3786 はロータリースイッチのMILスペックであるが、このスペックと同類のスペックを探す場合このFSCを利用すると良い。FSCは4ケタ番号からなり、MILスペックの表紙あるいは1ページの最下部に必ず明記されているので観たことがあるであろう。

そこでMIL-DTL-3786を見るとFSCは5930となっている。米国政府が公開するASSIST(Quick Searchなど)のFSC検索欄を利用するとこのロータリースイッチの同類MILスペックを一挙に入手することができるようになっている。

言い換えればFSC5930はスイッチ分類コードである。スイッチ関係のスペックを探す場合はFSC検索で5930を入力あるいは選択して検索するとすべてのスイッチに関するスペック・リストを入手することができるわけである。
 
このようにFSCは同類のあるいは同等のスペックを探すときのキーワードとして利用するために用意された検索手順である。FSC検索は、特定なスペックを探すのではなく、現在知っているMILスペックと同等、あるいは同類のMILスペックを探す時に大いに利用されるものである。

ところで米国連邦政府の「カタログ制度」によれば、米国議会は1952年に公法82-436条としてカタログ制度を確立させ、全ての補給品、装備品の識別を、その購入時から廃棄時に至るまで用いなければならない、とし、その識別規準のひとつとしてこのFSC(米国政府補給分類コード)を策定し多少の変遷を繰り返しながら現在に至っている。

言い換えると4桁の最初の2桁をFSG( Federal Sypply Group )といい、物品や役務の区分けを10GPから99GPまで約90グループに分けている。なお4ケタ後半の2桁はグループのなかの詳細分類として更に区分けされFSCと称する。全FSCは900近くにも上ることになる。

このFSCはあらゆる補給品、装備品を約90種類の異なるグループ(このグループをFSG(米国政府補給グループ)と称している)が、例えば事例のロータリースイッチのFSCは5930であるからFSGは59(59GPと表記される)である。そこでここでは約90近くあるグループからおもな主なものを拾って紹介する。

15GP 航空機・機体構造 AIRCRAFT AND AIRFRAME STRUCTURALCOMPONENTS
16GP 航空機部品・付属 AIRCRAFT COMPONENTS AND ACCESSORIES
17GP 航空機離発着装置 AIRCRAFT LAUNCHING, LANDING GROUND HANDLING EQUIP
18GP 宇宙用機器 SPACE VEHICLES
19GP 艦船搭載機・漕艇 SHIPS, SMALL CRAFT, PONTOONS AND FLOATING DOCK
20GP 艦船・海上用機材 SHIP AND MARINE EQUIPMENT
22GP 鉄道用機材 RAILWAY EQUIPMENT
23GP 陸上車両・トレーラ MOTOR VEHICLES, TRAILERS AND CYCLES
24GP トラクター TRACTORS
25GP 車両用機材・部品 VEHICULAR EQUIPMENT COMPONENTS
26GP タイヤ・チューブ TIRES TUBES
28GP エンジン・タービン ENGINES, TURBINES, COMPONENTS
29GP エンジン付属品類 ENGINE ACCESSORIES
30GP 伝導用機械・機材 MECHANICAL POWER TRANSMISSION EQUIPMENT
31GP ベアリング類 BEARINGS
32GP 木工用機材 WOODWORKING MACHINERY AND EQUIPMENT
34GP 金属工作機械 METALWORKING MACHINERY
36GP 特殊工業機器 SPECIAL INDUSTRY MACHINERY
37GP 農業用機器・装置 AGRICULTURAL MACHINERY AND EQUIPMENT
38GP 建設用機材・掘削 CONSTRUCTION, MINING, EXCAVATING HIGHWAY M. EQUIP
39GP 手工業装置 MATERIALS HANDLING EQUIPMENT
40GP ロープ・チェーン・ ROPE, CABLE, CHAIN FITTINGS
42GP 消防・救命装置類 FIRE FIGHTING, RESCUE SAFETY EQUIPMENT
43GP ポンプ・コンプレッサ類 PUMPS AND COMPRESSORS
44GP 窯・蒸気・乾燥機類 FURNACE, STEAM PLANT DRYING EQPT; NUCLEAR REACTORS
45GP 水道・衛生装置 PLUMBING, HEATING AND SANITATION EQUIPMENT
46GP 浄化・下水処理 WATER PURIFICATION AND SEWAGE TREATMENT EQUIPMENT
47GP パイプ・チューブ PIPE, TUBING, HOSE FITTINGS
48GP バルブ類 VALVES
51GP 工具類 HAND TOOLS
52GP 測定器類 MEASURING TOOLS
53GP 研磨剤 HARDWARE ABRASIVES
54GP プレハブ建材・工事 PREFABRICATED STRUCTURES SCAFFOLDING
55GP 木材・木工品・合板 LUMBER, MILLWORK, PLYWOOD, VENEER
56GP 建設資材 CONSTRUCTION AND BUILDING MATERIALS
58GP 通信・検知・機材 COMMUNICATION, DETECTION COHERENT RADIATION EQUIP
59GP 電気・電子・部品 ELECTRICAL & ELECTRONIC EQUIPMENTCOMPONENTS
60GP 光ファイバー・素子 FIBER OPTICS MATERIALS,COMPONENTS, ASSY ACCESSOR
61GP 電線・電力装置 ELECTRIC WIRE AND POWER DISTRIBUTION EQUIPMENT
62GP 照明器具 LIGHTING FIXTURES LAMPS
63GP 警報・信号・感知機 ALARM, SIGNAL, SECURITY DETECTIONSYSTEMS
65GP 医療・歯科機材 MEDICAL, DENTAL VETERINARY EQUIPMENTAND SUPPLIES
66GP 実験用器具 INSTRUMENTS AND LABORATORY EQUIPMENT
68GP 化成品 CHEMICAL AND CHEMICAL PRODUCTS
70GP 汎用機器 GEN PURPOSE ADP EQPT; FIRM/SOFTWARE,SUPPLIES SUPPORT
73GP 食材・サービス機器 FOOD PREPARATION SERVING EQUIPMENT
80GP 刷毛・塗装・接着剤 BRUSHES, PAINTS, SEALERS, ADHESIVES
81GP コンテナ・包装材 CONTAINERS, PACKAGING AND PACKING SUPPLIES
83GP 繊維・皮革・毛皮類 TEXTILES, LTHR, FURS, APRL SHOEFNDGS,TENTS FLAGS
88GP 動物用品類 LIVE ANIMALS
91GP 燃料・潤滑剤など FUELS, LUBRICANTS, OILS WAXES
93GP 非金属・加工材 NONMETALLIC FABRICATED MATERIALS
94GP 非金属原材料 NONMETALLIC CRUDE MATERIALS
95GP 金属棒・金属板 METAL BARS, SHEETS, SHAPES
96GP 鉱石・鉱物など ORES, MINERALS AND THEIR PRIMARY
99GP その他 MISCELLANEOUS

==【お願い】==========================
DCメールの性質上、出来る限り日本語にしてお伝えしておりますが、適訳で
あるとは限りません。また、紙面の都合上全ての原文を引用できない場合があります。
なお、DCメール・サービスは参照情報源としてだけ使用されるものであり、
完全性や正確さを保証したり主張したりするものではありません。
また当メールに記載された内容を無断で引用または転載することは禁じられています。
================================