公共スペック・公共規格 Consulting & Support Company アラート、最新版管理、調査、翻訳、取寄せサービス
TOP > On Topics > 【JSSG】

On Topics

2012年06月14日

【JSSG】

-米軍飛行システムの根幹をなす統合標準化文書 ー
JSSGシリーズはJoint Service Standardization Guide(統合標準化ガイド)の略でDODの全軍飛行システムの概念と実践を定義した根幹を成す標準化文書である。大きな意味でMILスペックのひとつとして数えられるが、それはJSSGがここに紹介するMIL-F-87242のようにMILスペック形式からの移行文書となっているからである。そこで今回はJSSGとはなにかまたどのような位置づけとして存在するのかなどMILスペック・ユーザ向けに解説したのでご一読下さい。(DCメール 2012年6月15日 No.319)


■JSSGとは何か

あるMILスペックユーザからMIL-F-87242, FLIGHT CONTROL SYSTEM GENERAL SPECIFICATION FOR はJSSG-2008 に代替されたようだが、その理由を知りたいとの問い合わせがあった。


そこで先ずスペックの流れを説明する。従来から米軍飛行制御システムへの一般要求は基本的に米海軍スペックである MIL-F-8785(当初は米空軍によるものであった) と米空軍スペックである MIL-F-9490 によりなされてきた。その後、これらのスペックは互いに補完しあい、性能要求と設計方法の要求が織り込まれ新しくMIL-F-87242となった。


当初のMIL-F-8785やMIL-F-9490などのMILスペックは1960年度後半に発行されたが、その取得方針は要求元が望むことをどう反映させるかであった。その後これら海・空軍の要求元は過去からの失敗を教訓とした多くの方法と要求を織り込んだために、大量の要求が含まれるようになり従来からのMILスペックでは対処することが難しくなった。また一方では、これら要求は各軍間で調製され、統一標準化する方向性となった。これが今日使われているJSSG(統合標準化ガイド)シリーズである。


例えば上記事例のMIL-F-87242の場合 は取得コストの削減のために AFGS-87242(米空軍ガイド・スペック) に改められたが、内容は過去からの教訓を取りいれ、新しい方針に準拠するため名称を替えた。MIL-F-87242 と AFGS-87242 は基本的に同じである。 またその後、AFGS-87242 が JSSG-2008 に取替わった理由はDODの方針により統合化が進み、AFGS の名称をJSSG に置き換えたものである。そしてこの新しいJSSG文書は各軍の協力によって書き直され全軍の教訓が生かされる内容となったのである。(なお現在MIL-F-9490は継続されて公開されている。)


JSSGシリーズはビークル・マネージメント・システム(飛行管理システム)とよばれ、開発設計の最も優れた概念と実践内容を定義した、集約された英知となった。JSSGはシリーズ化され23種類(下記参照)から成るが、現在その一部を除いて提供配布先は制限されている。

●JSSGシリーズ

JSSG-2000B NOT 1 (Air System)
JSSG-2001B NOT 1 (Air Vehicle)
JSSG-2005 NOT 2 (Avionic Subsystem)
JSSG-2006 (Aircraft Structures)
JSSG-2007C (Engines, Aircraft, Turbine)

JSSG-2008A (Vehicle Control and Management System (VCMS))
JSSG-2009 (Air Vehicle Subsystems)
JSSG-2010 (Crew Systems)
JSSG-2010-1(Crew Systems Engineering Handbook)
JSSG-2010-2 (Crew Systems Crew Station Automation, Information and Control/Display Management Handbook)

JSSG-2010-3 (Crew Systems Cockpit/Crew Station/Cabin Handbook)
JSSG-2010-4 NOT 1 (Crew Systems Aircrew Alerting Handbook)
JSSG-2010-5(Crew Systems Aircraft Lighting Handbook)
JSSG-2010-6 (Crew Systems Sustenance and Waste Management Handbook)
JSSG-2010-7 NOT 1 (Crew Systems Crash Protection Handbook)

JSSG-2010-8 NOT 1 (Crew Systems Energetics Handbook)
JSSG-2010-9 (Crew Systems Personal Protection Equipment Handbook)
JSSG-2010-10 (Crew Systems Oxygen Systems Handbook)
JSSG-2010-11 (Crew Systems Emergency Egress Handbook)
JSSG-2010-12 (Crew Systems Deployable Aerodynamic Decelerator (DAD) Systems Handbook)

JSSG-2010-13 (Crew Systems Survival, Search, and Rescue (SSAR) Handbook)
JSSG-2010-14 (Crew Systems Aircraft Windshield/Canopy Systems and Transparent Enclosures Handbook)
JSSG-2011 NOT 1 (Air Vehicle/Ship Integration

【お願い】本誌の性質上、出来る限り日本語にしてお伝えしているが、適訳であるとは限らない。また、紙面の都合上全ての原文を引用できない場合がある。なお、本誌は参照情報源としてだけ使用されるものであり、完全性や正確さを保証したり主張したりするものではない。また本誌に記載された内容を無断で引用または転載することは禁じられている。