公共スペック・公共規格 Consulting & Support Company アラート、最新版管理、調査、翻訳、取寄せサービス
TOP > On Topics > 【UNS】 

On Topics

2011年08月31日

【UNS】 

-調達部品に表記されるUNS番号とは -
航空機部品などに使用される金属材料の世界ではASTMやAMS、DINなどによって標準化された製品が多数存在するが、それらのなかには同等であったり類似しているものも少なくない。そこでASTMとSAEは共同して世界共通の金属材料の識別番号システムを構築してUNS(Unified Numbering System)と呼んでいる。UNSはメーカ・カタログや部品の成績表にも記載されており、ユーザはUNS番号に属するメーカ品や規格を知ることで同等製品や類似規格など新しい素材の検討や研究が可能となっている。今回はこのUNSについて紹介する。(DCメール 2011年9月1日号 No.300)



■UNSとは
たとえば部品成績表にUNS:S30200と記載されていた場合、これをどのように考えたらいいかというスペックユーザからの問い合わせがあった。そこで、まずはUNSについて簡単に紹介しよう。

UNSは Unified Numbering Systemの略語で、字のごとく統一番号システムである。UNSを構築したASTMやSAEの説明によれば、世界中に存在する金属・合金の識別番号を統一させ、検索性をもたせて個々の特性値、関連する製品名、関与する規格やスペックを関連付けるものとしている。現在UNSは約5000件あり、7000件以上の商品名や13000件以上の関連規格やスペックなどとの相互参照ができるようになっている。詳細は下記のSAEおよびASTMサイトにて参照のこと。またその他専門サイトも存在する。

http://www.sae.org/uns/
http://www.astm.org/BOOKSTORE/PUBS/DS56JOL.htm

【事例】 UNS=S30200 302 ステンレス・スチール、軟線たとえば上記のUNS:S30200について検索するとつぎのようなことがわかる。とくにスペックユーザにとってキーワードとなる同等規格や類似規格の記載は代替素材や部品を検討したいユーザにとって大変重宝な情報源といえる。

UNS=S30200 302 ステンレス・スチール、軟線
オースチナイト系ステンレス・スチールの302シリーズで、車やレーダーアンテナ日用品、住宅材などにも使用されているもの。

【規格キーワード】UNS S30200, AMS 5515, AMS 5516, AMS 5636, AMS 5637, AMS 5688, ASME SA 240, ASME SA 479, ASTM A167,ASTM A240, ASTM A276, ASTM A313, ASTM A314, ASTM A368, ASTM,A473, ASTM A478, ASTM A479, ASTM A492, ASTM A493, ASTM A511, ASTM A554, ASTM A666, FED QQ-S-763, FED QQ-S-766, FED QQ-W-423, MIL SPEC MIL-S-862, SAE J230, SAE J405、DIN 1, B.S. 309S25, EN 58A, PN 86020, 1H18N9, ISO 4954 ISO 683、ISO 6931

一般に異なるスペックや規格を論じていても、それらが同等あるいは類似であることが多いが、このUNSはその解決法となる。たとえば上記の規格キーワードにより掲載された規格やスペックはUNS:S30200の元では同等、類似の規格となる。このことはMILスペックユーザが部品の変更や規格の代替などの検討の際に有力な手段となる。例えばSAEのAMS 5688で製造してもFEDスペックのQQ-W-423で作っても同等性能の部品を使用している根拠になりうるからである。もちろん部品細部にいたっては個々の性能規格などの整合性を確認する必要があり、これだけで部品の同等性を論じることはできないがUNSを軸に規格の同一性、同等性を調査するツールとしては非常に便利であることはまちがいない。

【UNS番号】
UNSは頭文字がアルファベット、後に5桁の数字が連なる6桁表示となる。頭文字は金属の種類を表し、たとえば以下のようになる。

Axxxxx - Aluminum
Cxxxxx - Copper
Fxxxxx - Iron,
Gxxxxx - Carbon&Alloy Steels
Hxxxxx - Steel(AISI H Steels)
Jxxxxx - Steel( Cast)
Kxxxxx - Steels,
Lxxxxx - Lead Alloys,
Mxxxxx - Magnesium
Nxxxxx - Nickel
Rxxxxx - Refractory
Sxxxxx - Stainless Steels,
Zxxxxx - Zinc

ユーザにとってMILスペックがキャンセルされた場合、代替先が明記されされない場合が多く、関連部品や素材の代替検討に苦慮する。このUNSはMILスペックの金属材料がキャンセルされた場合の民間の代替スペックや規格の検討に役立つ。またそれに連なる製品やメーカ情報は代替品検索のツールとしても役立ちそうである。弊社では数多くの代替品や代替規格の調査を請け負っているが、ユーザは現在使用している製品のカタログや製品に記載されるUNS番号を知ることで数多くの関連製品やメーカ、ならびに関与する規格やスペックなどの存在を知ることができるようになっている。


【お願い】本誌の性質上、出来る限り日本語にしてお伝えしておりますが、適訳であるとは限りません。また、紙面の都合上全ての原文を引用できない場合があります。なお、本誌は参照情報源としてだけ使用されるものであり、完全性や正確さを保証したり主張したりするものではありません。また本誌に記載された内容を無断で引用または転載することは禁じられています。